値段、性能、デザイン、その他色々!貴方にあったパソコンが見つかる!パソコン比較しよう!

使い方が違えば形も違う。パソコンの使い方を決めましょう。

パソコンと一口に言っても、デスクトップ・ノート・一体型・タブレット…色んな種類があります。メーカーは「ユーザーがこう使うであろう」と予想して様々な形のパソコンを世に送り出しています。しかし、実際は使い手のユーザーはそんなことは考えずに買ってしまうことが多いです。 貴方は「そのパソコンで何をしようとしてますか?使用目的はなんですか?」と聞かれて答えられますか?意外と漠然と「パソコンが欲しい」「ネットをするのにパソコンが必要だから」で決めてませんか?ちなみにネットの閲覧は今時どんなパソコンでも可能です。つまりネット接続だけでは「その形のパソコンでなければならない理由」とはならないのです。つまりもっと踏み込んだ理由付けが必要なのです。 この辺をご自身で整理して把握しておかないと、売る側のショップの店員さんも困り果ててしまいます。場合によっては後からクレームになるのを恐れて、貴方が必要としない機能までも「とりあえず」と言う感覚でアレもコレも付けて…貴方はパソコンのほかに必要としない物まで一緒に買わされてるのかも知れません。 「必要な事はコレ!コレは不要!」こう説明できるぐらいに使い方は決めましょう。

パソコンの形は使い方の形。メーカーが想定するパソコンの形。

ではメーカーはどのような使い方を想定してるのかをご説明いたします。 デスクトップタイプは見るからに持ち運び等は想定していません。このパソコンはデスクの上から動かさずに使う作業を行う物です。このタイプは拡張性が高い事も特徴です。高い性能要求するデスクワークやオンラインゲーム向けです。 一体型も持ち運びは想定していません。しかし、モニターと一体化することでデスクトップに比べ、コンパクトでデザイン性に優れています。テレビと同じ家電の位置付けです。拡張性はありませんが、それなりの性能との両立が可能です。簡単な作業や動画の鑑賞に向いています。 ノート・タブレットは持ち運び用です。特にタブレットは小型化も重視しているので絶対性能では劣ります。ネット閲覧ぐらいが主な人向けです。ノートは本来持ち運びを必要とされるビジネス向けでしたが、情報漏えい防止で持ち運び禁止…そんな中デスクトップ並みの性能を収納スペースに困らないノートボディに詰め込んだ特殊モデルもあります。 貴方の使い方とメーカーの想定は一致しましたか?これを踏まえて理想のパソコンを手に入れましょう。